KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震-ACジャパン-HAARP

未だに信じられない東北地方太平洋沖地震。

近所にあるコンビニエンスストアにも棚のいくつかに「東北地方太平洋沖地震」の張り紙がされており、商品が入らなくなってきているという内容が書かれていました。
募金箱も設置してあり、中には大量のお札が。

僕も僅かで申し訳ないと思いながら募金をしてきました。

話は変わりますが、最近テレビのCMが復活し「ACジャパン」のCMをたくさん見るようになりました。
たくさんというよりもCMのほとんどがこの「AC?♪」のCMになっているのですが、これに対して抗議が殺到した模様です。

産経ニュースより↓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110317/dst11031719350081-n1.htm

確かに「AC?♪」のサウンドロゴは耳についてしまいましたが、東北地方太平洋沖地震があったのだからこれはどうしようもないと思っていました。
むしろ、こういう時だからこそ、こういったCMを主体に流すことは悪いことではないと個人的に思います。



このCMへの抗議内容の中には「企業の自粛であまったCM枠を買いあさっているのか」といったものもあったようで、なんだかさびしい気持ちになりました。
記事の内容を読んでいただければ分かるように、この団体は広告を通じて社会貢献を行う団体で、CMは無料で放送されており、しかもCMの起用はテレビ局が判断しているという。



更に話は変わりまして・・・ネット上で噂されている「地震が人為的に起こされている」という説をご存知だろうか。
この話の中に登場してくるのが「H.A.A.R.P.( High Frequency Active Auroral Research Program)」という謎の機械です。

HAARP

高周波活性オーロラ調査プログラム(こうしゅうはかっせいオーロラちょうさプログラム、英: High Frequency Active Auroral Research Program、略称:HAARP)は、アメリカ合衆国で行われている高層大気研究プロジェクトである。
アラスカ大学と空軍、海軍、DARPAの共同研究であり、大出力の高周波を電離層に照射して活性化させ、電離層の挙動や無線通信等への影響を調査することが目的であると説明されている。照射施設はアラスカ州・ランゲル・セントエライアス国立公園の西にあるOTHレーダーの跡地に建設された。
高周波の生体や大気圏への影響を懸念する意見がある。また無線通信の撹乱や人工衛星の破壊を目的とした軍事研究であるとの批判もある。
また、ロシアの軍事専門誌では、HAARPは超強力なビームを生成する究極の地球物理学兵器であるという記事が書かれている。
陰謀論者の間では、カンタベリー地震 (2011年)(2010年)、ハイチ地震 (2010年)、四川大地震(2008)、スマトラ島沖地震(2004)などは、自然に起きた地震ではなく、地震兵器であるHAARPシステムを試すためにアメリカが起したもので、HAARPシステムはこれまでに何回も使われているとの説がある。
ウィキペディアより引用。

嘘か真かは分かりませんが、日本が「何かがおかしい・・・」というのは僕も感じます。
このHAARPについては、今回の東北地方太平洋沖地震以前から噂されていたもののようです。

この機械が収集するデータから、地震の起きる前日に警告を出していた日本の物理学者である井口和基さんのブログでは、今回の地震や福島原発、HAARPについてとても詳しい記事が連日書かれています。
http://quasimoto.exblog.jp/

最新の記事の中では、新たに東京を狙った(HAARP説が事実であった場合)地震について「20日までご注意を」という新しい警告をしています。
東京を狙った地震というと東海大地震の事を指しているのかは不明ですが、だとしたら本当に恐ろしいことです。

僕は何でもとりあえず信じてかかり、その可能性を自分なりに情報収集して検討するタイプなのですが、今回のHAARP説については何とも言えない感じです。
火の無いところに煙はたたぬという感じで、実際このHAARPが物理学超兵器であるかどうかの可能性は否定できないようですし、だからといって今回の地震がこの機械によるものなのかということは否定も肯定もできない状態ですし。

しかし、これが兵器であり今回の地震を人為的なものだと仮定して情報を集めてみると、意外とそれらしい情報が浮上してきますし、完全に「嘘に決まってる!不安を煽りやがって!」と、遮断するのはまだまだ早い気がします。
度重なる余震で、やりどころの無い不安を「このHAARPに押し付けてしまいたいだけ」なのかもしれないという感じも自分には少なからずある気がしますが(苦笑)。

ツイッターではこの説を唱える人を批判する内容も見受けられます。

兵器だったとしても、そうじゃなかったとしても、近いうちに来るであろう東海大地震を考慮して、日本の原子力発電所を福島原発の二の舞にならないようなんらかの処置を一刻も早くして頂きたい。
そして、今も続く福島原発の冷却作業がうまくいき、被害者が少しでも減るよう祈るばかりです。

3月20日までに起こされるのではないかと噂される第二の地震。
何が起こるかわからない今、こうした情報もとりあえず飲み込んでおく事は大事なのかもしれません。

何でもとりあえず飲み込んでおく僕は、20日まではとりあえず注意をしながら生活したいと思います。


↓押すとblog更新率がきっと高くなる魔法のボタン↓

~ FC2 Blog Ranking ~


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farandolecrow.blog47.fc2.com/tb.php/73-14b81990
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。