KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発-放射能-400ミリシーベルト-チェルノブイリ

先程ニュースで知りましたが、どうやら放射線レベルの単位が「マイクロシーベルト」ではなく、先日ブログに書いた「ミリシーベルト」という単位に変わったようですね。

そして、現在最高の放射線数値は「400mSv(ミリシーベルト)」です。
少し前まで言っていたマイクロシーベルトで言えば、「400,000μSv」になります。

先日載せた画像をもう一度以下に掲載します(グラフの見方は先日のブログを参照)。

放射線のレベルと危険度より転載

このグラフで見ると「400mSv」というのは注意レベルの中にいることになります。

なんだ「注意レベルなのか」と、安心してはいけません
この注意レベルに達するまでに、たった1時間で被爆するということになるのです。

2時間その区域にいたら、単純に2倍の被爆量になります。
つまり、人体になんらかの影響が出ると考えてもおかしくないレベルです。

避難距離、屋内待機の距離もが20Kmから30Kmに拡大されました。
先日述べていたように、この20Kmという距離が安全ではない距離だったということです。

この30Kmというのも怪しいところです。
今後は風向きや天候も非常に重要になり、いち早く知らなくてはならない情報になってくるでしょう。

余談になりますが、テレビで伝えているモニタリングポスト(放射線量を測定するための機械が配置されている場所)で計測されている放射線量は、誰でも確認することができるようです。
しかし、これがなんと3月12日付けでグラフが止まっているのです。

単に情報が遅いだけだと思っていましたが、先日から一切動きがありません。
意図的に表示しないようにされているのではないかという憶測が脳裏をかすめます。

さて、会見と同じように今現在の大丈夫大丈夫情報を話しても仕方ありません。
最悪の状況を考えて我々は行動しなければいけません。

被爆を受けてしまった際の対処法はテレビでご覧になっていると思います。
それ以外の対処方法として、長崎原爆で被爆した人が生き延びたという方法について書かれているブログがありましたのでリンクを張らせていただきました。
http://otsukako.livedoor.biz/archives/30327358.html

他、現在の福島周辺の風向きについてはこちらが参考になると思います。
http://weather.goo.ne.jp/amedas/p0013/wind.html

今、死の街と呼ばれたチェルノブイリと同じことが起ころうとしています。
この事故を我々は今、事前にもう一度よく知っておくことが重要かもしれません。

皮肉にも提供が東電のチェルノブイリ原発事故のニュースをYoutubeより。


もう最悪の事態は起こっています。
今はこの最悪の事態をできるかぎり最小限に抑えられるよう祈る他ありません。


↓押すとblog更新率がきっと高くなる魔法のボタン↓

~ FC2 Blog Ranking ~


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farandolecrow.blog47.fc2.com/tb.php/72-34f4d6d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。