KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発-放射能レベル、それって危険なの!?

現在も気を許せない状態が続いている福島第1原発。

この原発周辺に設置してあるモニタリングポストで測定されている放射線レベルをテレビで報道していますが、おそらく「それって危険なの!?数字言われても分からない!」という方が多数いると思います。
これについて、今僕の分かる範囲で説明したいと思います。

まず、現在までに報告された放射線の量で最も大きかった値は「3,130μSv(マイクロシーベルト)」、若しくは「3.130mSv(ミリシーベルト)」です。

これは1時間に浴びる放射線量になります。
被爆量というのは、こうした危険区域にどれだけいたかが重要になります。

具体的に放射線をどのくらい浴びると危険なのかということは、以下の通りです。

放射線のレベルと危険度より転載


これを見て頂けば分かるように、現在確認されている最高レベルの放射線を1時間浴びて(3,130μSv)いても、まだ安心レベルの中にいることが分かります。
冷静に対処行動すれば、安心レベルの圏内です。

余談ですが、放射能を計測することのできる機械は市販でも売られております。
これは「ガイガーカウンター」という機械で、比較的安価に手に入れることができます。

やきもきするような原発の会見が多く、僕も苛立ちを隠せません。
現在の状態を会見で話すことも大切ではあると思いますが、何よりも最悪の状態を想定した住民の対処行動を報道すべきであると考えます。

チェルノブイリでの原発事故のニュースを見ましたが、もしこれと同じレベルの事故(※炉心融解※メルトダウン)が起きるとしたら、非難範囲20Kmという距離がとても安全であるとは個人的に思えません。

会見では今分かる事を包み隠さず住民に伝え、最悪の事態を想定した住民の対処と行動をいち早く説明すべきだと思います。


↓押すとblog更新率がきっと高くなる魔法のボタン↓

~ FC2 Blog Ranking ~


関連記事

Comment

カラスさん says... ""
野田政権が国民を見殺しにしている中、

マスコミは、圧力を受け、放射能についての報道ができずにいました。


世界中のメディアが騒いでも、日本国内のメディアは、放射能について、沈黙を守っていました。

しかし、本日 5/16 TBSが勇気を持って、放射能放置の現状を報道してくれました。

福島原発が、燃料棒を大気中にさらしている危険な状況まで、隠さずに報道してくれました。


このことに私はとても感動いたしました。
TBSさん、よくぞ決心して頂けました。

TBSさんが先駆けてくれたおかげで、これから、この国は良い方向に向かうはずです。

自分に、他人に嘘をつかない人間が生きてゆける国に、この国は野田総理という悪魔を克服し、変わって行けるのです。
2012.05.16 11:47 | URL | #7CiET5DE [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farandolecrow.blog47.fc2.com/tb.php/71-41e83c3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。