KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬかと思った‐踏み切りの遮断機

単刀直入に言うと踏み切りに車がはさまりそうになりました。

この踏切のすぐ後には信号機があり、非常に踏み切りを渡りずらい場所です。
まず、僕の前の車が踏み切りを渡り、そして僕も一時停止をして車を発進させようと思いました。

しかし、どうやらそのとき前の信号機が赤になったらしく、前の車は踏み切りを渡って少ししたところでとまりました。
この時点で僕は「まだ踏み切りと前の車の間には自分の車が入るスペースがある」と目視により判断し、車を進めました。

するとどうでしょう。

どれほど車を前に詰めても車の後ろが若干はみ出しているようなのです。
この時点で少しパニックなのですが、とりあえず限界まで前の車に近づきました。

すると、「カンカンカンカン」という踏み切りのあの音が聞こえてきたわけです。
もちろん僕は大パニック。
クラクションを鳴らして前の車に知らせればよかったのですが、もうそんなことは頭にありません。

ひたすら「これやばいだろやばいだろ前に前に前に移動してくれぇぇぇええええっ!!」と車の中で独り言のように叫んでおりました。

自分側の踏み切りは降りず、明らかに僕の車が線路にはみ出していることを物語っています。
しかしながら前の車の人はそんなピンチ知る由も無く、無常にも信号は赤色に点灯したままのようでした。

頭の中を悲惨すぎる情景が駆け巡ったとき、前の車が動き出したのです。

幸か不幸か、電車は僕の車が踏み切りを出るまで来ませんでした。
それが偶然おきたのか必然的に起きた事なのかはもう分かりません。

しかしもし後者である場合、僕は何か罰則を受けるのでしょうか…。
よく人身事故が起こった場合にはダイヤの乱れ等によって起きた賠償金が事故車両の親族に請求されるといった話を聞きます…。

これが今回の件に適用されるとしたらゾッとするお話です。


↓押すとblog更新率がきっと高くなる魔法のボタン↓

~ FC2 Blog Ranking ~


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farandolecrow.blog47.fc2.com/tb.php/59-9519c51f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。