KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアリウム

そう、僕はピラニアを飼ってみたかったのだ。

仕事をする前、まだ大学生だった頃、ピラニアを飼育してみたかった。
音楽機材を揃えたいという気持ちと同時に、アクアリウムをはじめたかった。

そんな気持ちが唐突に爆発してしまい、今日までそれ一筋状態でした(笑)。

そもそも「あくありうむ」なんて言葉も調べていって知りました。
ようは「観賞用の水槽」的な意味として一般的に遣われているようです。

なんか水槽をはじめようというと「管理が大変でお金がべらぼーにかかってとてもじゃないけど敷居が高すぎる」なんて思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
日々の電気代もそんなに大したことありません。

そんな言葉に騙されてはじめてみたんですが、電気代はさておき一通り揃えると結構お金かかります。
これから「水槽はじめてみようかな?」という人のためにどんなものが必要になるか、下に記載してみます。


・水槽(一般的には60cm水槽)
・水槽台(水が入った水槽は100kgとかいきますので適当な台に置くと…)
・ろ過装置(水を綺麗にする為の装置)
・エアレーション(泡の出るぶくぶくですな)
・温度計(水温管理は重要)
・サーモスタット(水を温めるためのもの)
・PH(水槽の水がアルカリ性なのか酸性なのかを調べるもの)
・塩素チェッカー(塩素入りの水ではお魚さんは死んでしまいますのでそれを調べる試薬)
・亜硝酸試薬(お魚さんにとって毒である亜硝酸を調べる薬)


上記がまずあった方がいいだろうというもの、そして以下がこれもあるといいかもというもの。

・照明(鑑賞用というならやはり欲しいですよね)
・塩素中和剤(水道水の塩素を中和して無害にする薬)
・バクテリア剤(これは本当になくてもいいかも…)
・そこ砂/ソイル(砂や土はあえて入れない人もいます)
・流木や石(水質に影響を与えるものもあるので注意)



以上のようなものが水槽には必要になってきますね。
あとは網やバケツ等の小物がありますが、それらは調べなくても欲しくなります。

これらを購入して水槽に全て設置したら「水槽の立ち上げ」と呼ばれる作業(期間)があるのですが、ようは魚が住める水にするために、水の中のバクテリア(水質を安定してくれる)を増やす時間が欲しくなるのです。
この時間を短縮する為に「バクテリア剤」なんてものがあるのですが、賛否両論そんなものなくても勝手に増えるという人から、そもそも効果が疑問視されたりいろいろで、一応自分は試しに買って適量投下してます。

通常1ヶ月とか1週間とか言われているみたいです。
そこにバクテリア剤を使用すれば、気持ち的に水槽立ち上げもはやくなるかなぁと。

そして、この期間中にもう1つやることは「パイロットフィッシュ」の導入です。

パイロットフィッシュとは、水質の安全を確かめる目的と、糞がバクテリアのエサになるという目的で導入されます。
僕の場合は、バクテリア剤や塩素中和剤を使用して、およそ3日くらいでパイロットフィッシュを導入しました。

パイロットフィッシュは魚の名前ではなく、はじめに水質を確かめるために入れる魚という意味で「パイロットフィッシュ」と呼ばれています。
なのでどんな魚でも多分いいのですが、パイロットフィッシュに1万もする魚を利用する人はいないでしょう。
僕の場合は安価で丈夫らしい「アカヒレ」というメダカみたいな熱帯魚を使用しました。

ここまでくるとこんな具合。

12455855.jpg



ここから1週間程度、パイロットフィッシュの健康状態等から見極めて、いよいよ自分の飼育したい魚を入れていくわけですが、ちょっと文章が長くなりすぎたので次の記事で続きを書こうと思います。


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farandolecrow.blog47.fc2.com/tb.php/196-cb43bca1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。