KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアトレードチョコレート

今日は美容院に行ってきました。
そして、会計の際にこんなものを購入しました(↓)。

フェアトレードチョコレート


僕はちょっと高めのチョコレートくらいに思っていたのですが、よく見ると「フェアトレードチョコレート」と書いてあります。
チョコレートを開封すると、その説明が書かれていました。

市場価格が不安定だったり、仲買業者に買い叩かれるなどの理由から
カカオを作る途上国の農家の多くが貧困にあえいでいます。
その結果、農家は安い労働力を求めて子どもを買い、買われた子どもたちは
きわめて過酷な労働条件で働かされている、という例がたくさん報告されています。

フェアトレードは、こうした問題に苦しむ
途上国の小規模生産者をサポートするための取引です。
つくる人と環境に配慮しながら、すぐれた品質のものを作り続け、
つくる人が安定した生活が出来るように、適正な支払いを保証します。

食べる人においしさを、つくる人にやさしさを届ける
ピープル・ツリーのフェアトレードチョコレート
私たちはフェアトレードの商品を通じて、生産者と消費者をつなぎます。
あなたが1枚のフェアトレードチョコレートを選ぶことが、
世界をもっとハッピーにするのです。

(People Treeチョコレートの包装紙裏面の説明より引用しております)


チョコレートに限らず、日本で格安で売られている中国製品なども、これらに該当する場合があります(確か)。
アメリカ等では、奴隷労働によって作られたであろう格安の商品は輸入しない制度があった気がします。

我々が奴隷労働によって作られた格安の商品を購入しなくなれば、自然と奴隷労働も無くなっていくかも知れません。
ですが、悲しいことに需要がある以上なかなか解決に結びつかないのが現状でしょう。

もし不思議なくらい格安の商品に出会ったら、皆さんも「安い!ラッキー!」ではなく「どうしてこんなに安いんだろう?」と、考えてみてください。
もしかすると、その影には「奴隷労働」という言葉が潜んでいるかもしれません。

知らないうちに加担しないよう注意したいものです。


↓押すとblog更新率がきっと高くなる魔法のボタン↓

~ FC2 Blog Ranking ~



関連記事

Comment

こみつる says... "無題"
 奴隷・・・日本国内の企業で働いている人(特に派遣など非正規雇用者)も、そう呼べるのかもしれません。
 今の日本は、需要よりも供給が過剰になってしまって、他よりか安くしないとモノが売れない。モノが安くなるということは、大部分の企業は安くなった分の収入が減るわけで、それがどこに行くかというと労働者の賃金なんですよね。賃金が減ると、以前よりモノを買えなくなってしまう。そうして需要が減ることでまた供給過剰に拍車がかかり物価が安くなって・・・と、このループを繰り返すのがいわゆる「デフレスパイラル」というやつですね。結局どんどん労働者にお金が回らなくなって、日本全体のお金のまわり具合、GDPが減って行っちゃうんですよね。金持ちは安くモノを変えていいですけど、貧乏人はそれすらも買えないほど収入が減ってしまう。
 日本製の製品でも、相場よりも安く売られているものは、その安くなった分の労働者の賃金が減らされているということです。しかも真っ先に削られるのは末端労働者です。そして彼らが上の人間に言われることは「働いていないお前が悪い。もっと働け」「景気が悪いんだ(今の状態だと働けば働くほど景気が悪くなっていくんですが)」
 末端労働者の気持ちを考えると、・・・なんとも言えません。
 奴隷・・・これは決して他国だけの話ではなく、普通に僕たちの周りで働いている正社員や派遣社員のことも含んでいると思います。私は一体どうすればいいんでしょうかね・・・。
 
2012.05.22 22:00 | URL | #FjmlApF. [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://farandolecrow.blog47.fc2.com/tb.php/154-1453f300
まとめtyaiました【フェアトレードチョコレート】
今日は美容院に行ってきました。 そして、会計の際にこんなものを購入しました(↓)。 僕はちょっと高めのチョコレートくらいに思っていたのですが、よく見ると「フェアトレードチョコレート」と書いてあります。 チョコレートを開封すると、その説明が書かれていました...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。