KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が正しくて-何が正解で-どれが最善で-どこが近道なのか

こういう日記を書くと相当ダークな内容になるので、自重して書いていきたいと思います。

その昔、僕は一般に言う「社会」という名の世界が明るく紳士で楽しい所だと思っていました。
小学校で自分のやってみたい部活動をやってみるように、それがもっともっと拡大された世界だと考えていました。

20歳を超えればお酒が飲めたりタバコが吸えたり車に乗れたり仕事でお金を稼げたり。
夜遅くまで起きていたって誰にも文句を言われない。

先の見えない宇宙を想像するように、それはそれは考えただけでワクワクする様な世界でした。

きっとそれは僕だけではなかったと思います。
もちろん中にはこれと全く反対のイメージを持っていた方もいたと思います。

言うまでも無く、前者は社会に落胆する。

僕が不信を抱きだしたのは中学の頃からだったと思う。
俗に「不良」と呼ばれる人たちがしている行為もろもろがきっかけである。

僕の知る彼らはお酒を飲み、タバコを吸い、先生を罵倒し、授業に出席しない。
それらの行為は一般的に「悪」と分類される所業であると思っていました。

なのに、彼らは真面目に通う生徒よりも先生と仲がよく、クラスでも人気があった。

そして現在に至るまで、閉鎖的な学校という世界から飛び出し、社会という世界の断片を集める度に心の中で何かが崩れ去る音が聞こえた。
それは自分の持っている常識の崩壊であり、新しい世界観の誕生を意味する。

僕はあるとき、この崩壊のスピードについていけず、自分の内側に篭り鍵をかけた。
自分はこんなところでどうやって生きていけばいいのか、何をしたらいいのか、どれが正解なのか。

宇宙の外がどうなっているのかを延々と考えていくことに似ていると思う。

多分これを経験したことがあるのは僕だけではなく、今この状態の人もきっといる。
これに対する答えは非常にシンプルで、意味は海よりも深い。

よく「もしあと一年の命だと医師に告げられたら何をする?」という問題があります。
これは結構おかしな話なんですよね。

考えてみれば、皆な医師に宣告されなくたっていつか死んでしまうんです。
僕もあなたも例外なく死んでしまいます。

これに対する答えは非常にシンプルで、具体的には星の数程ある。


↓押すとblog更新率がきっと高くなる魔法のボタン↓

~ FC2 Blog Ranking ~


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。