KαRASUの独り言

音楽制作や最近のニュース、日々の日記を不定期に掲載中・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病 - white spot disease

水槽をはじめた人が1度は経験することになると言われる「白点病」という魚の病気。

なんとついに我が家の水槽でこの白点病が蔓延してしまいました。
この白点病について記事にしたいと思います。

魚の体表に白い斑点が出来ることから「白点病」と呼ばれるこの病気はまず、海水魚と淡水魚でその病原虫が異なります。
我が家はピラニアを飼っているので淡水性の白点病となり、その原因となるのは「ウオノカイセンチュウ」という繊毛虫です。

このウオノカイセンチュウは自然界の川にも普通に暮らしているそうで、これが水槽のような狭い空間になると、魚に集中的に寄生する為に病気として発症するみたいです。
一部の魚はエラに寄生されると呼吸困難になり死に至るというポピュラーではありますが恐ろしい病気です。

この病気の初期症状は、魚が小刻みに身体を震わせたり、木や底砂に身体をこすり付ける行動からはじまり、最終的に身体に白い斑点が出来始めます。

この斑点はウオノカイセンチュウが寄り集まった言わばコロニーです。

この白点病の治療方法についてはいくつか方法があるようですが、僕は「メチレンブルー」という薬剤を使用してた治療を行うことにしました。
このメチレンブルーは魚用のイソジンみたいなもので、殺菌消毒作用があります。

pet061031012.jpg

白点病の治療に使う薬剤としては他にマラカイトグリーン等がありますが、発癌性があったりするものもあるので、今回は安全なメチレンブルーを使用しました。
この薬剤は水槽に添加すると、鮮やかなブルーになります。

添加量は水60Lに対して10mlになります。
ですが、使い始めの時は目盛りよりも液位が上にあるので正確に測れないのが本当に困りました。
目盛りつきのスポイトとかで計って添加したほうがいいですね(汗)。

本来は白点病が発症した水槽に直接添加するのがいいのかもしれませんが、この薬剤は色素が水槽内の器具に染み付いてしまうらしいので、小型の水槽を2つ用意して、ここで薬浴することにしました。
こんな感じになります。

alhgfpagh.jpg


この状態で1週間水換えを行いながら放置します。
水換えをする際は、同量の水に同量のメチレンブルーを溶かした水をいれるようにすれば、薬の効果が持続できるはずです。

治療方法はウオノカイセンチュウの特徴を考えてしなければならないのですが、それについてはWiki等を参考にしてみてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%82%B9%E7%97%85

白点病の症状が出たのはテトラ系の魚で、ピラニアやプレコはそれらしい症状はみられませんでしたが、念のために薬浴しています。
今魚のいない水槽にはヤマトヌマエビがいるのですが、ウオノカイセンチュウはエビに寄生しないらしいので、寄生先のなくなったウオノカイセンチュウは約48時間でお亡くなりになるという作戦です。

そして魚のいなくなった水槽はヌマエビ天国状態。

fgwgwegwe.jpg

1日も早く健康に戻ってもとの水槽で泳ぐことが出来るようになるといいです。
ragiut34.jpg


※もしブログをご覧になっている方で「こうした方がいいよ」という意見等ありましたらお気軽にコメントしてください。


スポンサーサイト

アクアリウム

そう、僕はピラニアを飼ってみたかったのだ。

仕事をする前、まだ大学生だった頃、ピラニアを飼育してみたかった。
音楽機材を揃えたいという気持ちと同時に、アクアリウムをはじめたかった。

そんな気持ちが唐突に爆発してしまい、今日までそれ一筋状態でした(笑)。

そもそも「あくありうむ」なんて言葉も調べていって知りました。
ようは「観賞用の水槽」的な意味として一般的に遣われているようです。

なんか水槽をはじめようというと「管理が大変でお金がべらぼーにかかってとてもじゃないけど敷居が高すぎる」なんて思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
日々の電気代もそんなに大したことありません。

そんな言葉に騙されてはじめてみたんですが、電気代はさておき一通り揃えると結構お金かかります。
これから「水槽はじめてみようかな?」という人のためにどんなものが必要になるか、下に記載してみます。


・水槽(一般的には60cm水槽)
・水槽台(水が入った水槽は100kgとかいきますので適当な台に置くと…)
・ろ過装置(水を綺麗にする為の装置)
・エアレーション(泡の出るぶくぶくですな)
・温度計(水温管理は重要)
・サーモスタット(水を温めるためのもの)
・PH(水槽の水がアルカリ性なのか酸性なのかを調べるもの)
・塩素チェッカー(塩素入りの水ではお魚さんは死んでしまいますのでそれを調べる試薬)
・亜硝酸試薬(お魚さんにとって毒である亜硝酸を調べる薬)


上記がまずあった方がいいだろうというもの、そして以下がこれもあるといいかもというもの。

・照明(鑑賞用というならやはり欲しいですよね)
・塩素中和剤(水道水の塩素を中和して無害にする薬)
・バクテリア剤(これは本当になくてもいいかも…)
・そこ砂/ソイル(砂や土はあえて入れない人もいます)
・流木や石(水質に影響を与えるものもあるので注意)



以上のようなものが水槽には必要になってきますね。
あとは網やバケツ等の小物がありますが、それらは調べなくても欲しくなります。

これらを購入して水槽に全て設置したら「水槽の立ち上げ」と呼ばれる作業(期間)があるのですが、ようは魚が住める水にするために、水の中のバクテリア(水質を安定してくれる)を増やす時間が欲しくなるのです。
この時間を短縮する為に「バクテリア剤」なんてものがあるのですが、賛否両論そんなものなくても勝手に増えるという人から、そもそも効果が疑問視されたりいろいろで、一応自分は試しに買って適量投下してます。

通常1ヶ月とか1週間とか言われているみたいです。
そこにバクテリア剤を使用すれば、気持ち的に水槽立ち上げもはやくなるかなぁと。

そして、この期間中にもう1つやることは「パイロットフィッシュ」の導入です。

パイロットフィッシュとは、水質の安全を確かめる目的と、糞がバクテリアのエサになるという目的で導入されます。
僕の場合は、バクテリア剤や塩素中和剤を使用して、およそ3日くらいでパイロットフィッシュを導入しました。

パイロットフィッシュは魚の名前ではなく、はじめに水質を確かめるために入れる魚という意味で「パイロットフィッシュ」と呼ばれています。
なのでどんな魚でも多分いいのですが、パイロットフィッシュに1万もする魚を利用する人はいないでしょう。
僕の場合は安価で丈夫らしい「アカヒレ」というメダカみたいな熱帯魚を使用しました。

ここまでくるとこんな具合。

12455855.jpg



ここから1週間程度、パイロットフィッシュの健康状態等から見極めて、いよいよ自分の飼育したい魚を入れていくわけですが、ちょっと文章が長くなりすぎたので次の記事で続きを書こうと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。